SNSフォローボタン

投げ銭ライブの意味は?~仕組みやメリット、相場はいくら?~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちはー。
わたなべまきです!


最近「投げ銭制」のライブをよく見かけます。


投げ銭ライブの場合、基本的には「入場料無料」。

「お客様に気軽に来てもらえるライブ」として、
少しずつ浸透してきていますよね。

  
ただ、一方で、
「投げ銭ライブは苦手・・・」
という声も耳にします。

かくいう私も、
投げ銭制ライブをやったことがあるし、
行ったこともあるのですが、
いまだに少し抵抗があったりなかったり・・・。

  
ということで、今回のテーマ。

「投げ銭ライブ」ってどーなん?

そもそも「投げ銭ライブ」ってなんなの?
という疑問や、
果たしてアーティスト側、お客側にとって良いシステムなのか?
ということを整理してみたいと思います~!

あわせてこちらもどうぞ↓↓

ワンマンとブッキングどう違う?投げ銭ライブの意味は?ライブ用語あれこれ!
こんにちは! みなさん、ライブ告知してますか? ( ゚Д゚) ライブするからには、告知しないとです。 集客に悩む前に...

投げ銭ライブとは


前述のとおり、
投げ銭ライブと謳っている場合、入場料は無料

入場料というと、ちょっと語弊もあるかもしれないですかね。
いわゆるライブのチケット代がタダということです。
(ドリンク代は別料金で発生するのが通例)


でも・・・!!

タダだけど、ただのタダじゃないのよね。


いや、本当にタダだったら無料って書きます。笑


「投げ銭」ですんで。


もうだいたいお察しだとは思いますが、
投げ銭というのは、基本はタダなんだけど、

音楽聴いて気に入ってくれたら、
お気持ちでお金置いてって!♥


というシステムなのです。


いくら置いていくかは、お客さん自身が決めます。


・・・日本人って、
こういうの慣れてなくないですか?笑

  
いくら払うの?

ねーみんないくら払ってるの!?

ねーねーいくら払えばいいの!?!?

ねーねーねーいくら払うべきなの!?!?!?

((((((;´・ω・))))))


  

自分の気持ちを正直にお金に換算すればいいんですけど、
そうはいっても難しいですよね。
(´・ω・`)


相場についても後ほど触れていきますが、
まずは、演る側、観る側からみた
双方のメリットとデメリットをみていきますね!

投げ銭制のメリット・デメリット

アーティスト側からみたメリットデメリット

チケット代を1,500円とした場合、

その日のパフォーマンスによらず、
来た方からは1500円いただくことができます。

でも逆に言えば、どんなに成功しても一人あたり1500円までが収入です。


これが投げ銭ライブの場合、一人あたりの上限がありません。

良いパフォーマンスによって、多くのお客様を満足させた結果、
びっくりするほどの収入を得られる可能性
がある。

これは投げ銭制のメリットと言えますね。

逆に、その日のパフォーマンスが悪かったり、
金払いのよいお客様が少なかったりする可能性もある。

という意味では、
ライブ収入の見込みを立てづらい
というデメリットがあります。

ただ、これは私の感覚ですが、
投げ銭ライブでも、お客様はわりと払ってくれるものです。
集客さえできれば、収入が無い…と嘆く結果になることはあまりないのではないかと思います。

  
じゃあ投げ銭にすればいいじゃん。

  
とも思われるかもしれませんが・・・

というわけで、
次はお客様目線からみたメリット・デメリットです。

お客様側からみたメリット・デメリット

お客様目線ですと、少々複雑です。

どういうタイプのお客様かによって感じ方が変わってきます。


それを踏まえての投げ銭のメリットと言えば、

  
入場料が無料であること。

これにつきますよね。


そして、このメリットを大きく感じるのは、


・ライブ慣れしている人
・常連さん
・親しい音楽仲間など

こういう方々でしょう。


いつも2000円、3000円と当たり前に払ってライブにいくお客様にとっては「投げ銭」にお得感を感じますよね。


また、ライブ慣れしていないお客様でも、
入場料が無料、と言われれば、まぁ行きやすいと感じる可能性はあります。

ただ、
それ以上に「投げ銭」という言葉の不透明さが・・・w

ここがデメリットの部分です。


・ライブに普段行かない人
・初めてあなたのライブに来る人
・音楽仲間ではない友達


このような方々ですと、
そもそも「投げ銭」と聞いてパッとイメージが湧かない可能性があります。


ライブハウスって、
一般の方にはそもそも敷居の高い場所だと思われてます。


そういうところに初めて行く方には、
きっちりと定額の料金を示してあげた方が安心します。

「お金はお気持ちで…」って言われても、まず相場が見えませんよね。
また、あなたの音楽をどのくらい気に入るかにもよります。

  
また、特にお友達とか親しい関係の場合は変に気を使ってしまい・・・


「たくさん出さないといけないんじゃないか」


思いの外たくさん払ってしまい、モヤモヤ。
もっと払うべきだったかと、モヤモヤ。
何だか自分がケチ臭い人間に思えてきて、モヤモヤ。


せっかくのライブですから、すっきりして帰ってもらいたいもの。


そして、次のライブがまた投げ銭だった場合、

  
「今度はいくら払うべきなのか…なんか面倒だからやめておこうかな」

  
と、行くのが億劫になってしまう。


お得な投げ銭ライブ!

のつもりが、

お客様を遠ざけてしまう可能性もはらんでいる気がします。

投げ銭の相場はいくら?

私も知りたい投げ銭の相場・・・

結論からいうと


そんなのなーいの。
お気持ちですから。
(*´∀`)


なんですけれども(笑)、


でも、
一つ目安になるかなーと思うものが。

一般的なライブのチケット料金を基準に考える


ということ。

以下は、私の相場感ですが・・・

誰でも出演OKなお気軽ライブの場合(出演時間15~20分)

チケット代相場
500~1000円(+ドリンクオーダー別)

そこそこ活動してるアーティストが出演するブッキングライブ(出演時間30~40分)

チケット代相場
1500~2000円(+ドリンクオーダー別)

ワンマン、ツーマンライブ(出演時間60分以上)

チケット代相場
2500~3000円(+ドリンクオーダー別)

  

ざっくり、こんな料金をベースに、
あとは本当にお気持ちで増減。


こんな目安で支払うのがよいのではないのでしょうか?

ただ、これは本当に、
正解はありませんので・・・


最後はあまり周りのことは気にせず、です。


楽しんで!そして、
好きに投げちゃってください、
銭(=゚ω゚)ノ◎

結局、投げ銭ライブはアリなのか?

投げ銭制、そのシステム自体はいいシステムだと思っています。

特にアットホームなライブ、常連さんが集うようなライブでは、
投げ銭制は大いにアリかな~と思います。


また、これから「投げ銭」自体が浸透してくる可能性もありますので、
もっと身近になってくるかもしれませんね!


ライブの雰囲気やお客さんのタイプに合わせて、
うまく使い分けたらよいのではないでしょうか!

とにかく、お客様目線で考えて、
一番よい料金体系を考えていきましょね(*’ω’*)

あわせてこちらもどうぞ↓↓

ワンマンとブッキングどう違う?投げ銭ライブの意味は?ライブ用語あれこれ!
こんにちは! みなさん、ライブ告知してますか? ( ゚Д゚) ライブするからには、告知しないとです。 集客に悩む前に...

それでは、また~~~!


  




  

↓↓わたなべまき ライブスケジュールはこちら↓↓


↓↓わたなべまきLINE@登録はこちら↓↓
友だち追加
ライブ情報や先行予約のご案内!
今なら新規登録者さまにオリジナル曲の演奏動画をプレゼントしています♪
フォローお気軽に!(*´∀`)ノシ


↓↓ボイトレもやってます↓↓