SNSフォローボタン

自分に自信がない人のための成功マインド3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは。
わたなべまきです!

いきなりですが、


あなたは自分に自信がありますか?

こう問われて、

「あります!」

と秒速で返答できる人の割合って、
どのくらいなのでしょう?

音楽をやるにしても、仕事をやるにしても、

自分への自信
自分への信頼

これがあるのとないのでは、
その方の魅力の伝わり方が異なってきます。

ただ、
私もそうなのですが、
ついつい
「自分はダメかも…」「実力がないから…」
と思ってしまう。

そのため、
やりたいことがあっても次が踏み出せない。
こうしたいという意見を言い出せない。

こういった悩みを抱える方は多いのではないかと思います。


そこで、今回は、
「自分に自信が持てない」
というコンプレックスを克服するための成功マインド

をご紹介します。

自信が持てない人によくある思考パターン

まず、自分に自信が持てない人は、
陥りがちな思考パターンについて考えてみましょう。

パターン1
「自己否定癖」

例えば、
テレビや雑誌でいわゆる、
その業界の「成功者」が紹介されているのを目にすると・・・

「私には才能がないからこうはなれない…」
「あの人のような努力が私には足りない…」

その人に憧れたり、成功を羨むより先に、
自分との比較を始め、
自分を責めてしまう。


また、SNSでの
「結婚」「出産」「仕事における成功」など…
友人が輝いている嬉しい投稿を目にすると・・・

「あの子はあんなに輝いているのに、私ってダメだな…」

友達の活躍を喜ぶのも束の間、
すぐに自分の現状に目を向けて、
責めてしまう。


そんな「自己否定癖」がついている人は、
なかなか自分に自信を持つことができません。


かくいう私もすぐに「自己否定」してしまうタイプ。

これ、
癖がヒドイと、


「他人の成功を知る」
 ↓
「自分と比較」
 ↓
「自己否定」

この流れが秒速でできます!!


((((((=゚ω゚)∂ カチッ<0.4秒‼

・・・て、
何の自慢にもならないですから!(笑)


無意識で自己否定できるまでになってしまうとむしろ危険。


常にネガティブ思考が先行するようになり、
自分に自信を持ち、
やる気を起こすのに大変な労力が必要になってしまいします。

パターン2
「絶対評価」



自信が中々持てない人の傾向の一つに、
自分を「客観的に」評価しすぎてしまうことがあります。

評価には2つ種類があります。

「相対評価」

そして

「絶対評価」

です。

例えばシンガーであれば、

「あの人より私は実力があるだろうか」

こう考えるのが相対評価です。

一方、

「私は全世界のシンガーの中でどのくらいの実力があるのだろう」

これが絶対評価となります。


絶対評価しがちな人は、


成功者とは、
ほんの一握りの人間しかなれず、99.9%は凡人。
私は凡人だ。

という前提のもと、

自分はその凡人集団の中で、
どのくらいの順位にいるんだろう、
と考えます。

だいたいその答えは、

「中の上」
とか
「中の下」

あたりに落ち着くのですが、
そんな評価って
なんのプラスにもならないですよね。


全世界を見渡せば、
自分より実力が上の者なんていくらでも見つかります。


成功者=その分野で相当の上位群

こういう考えでいると、
凡人は挫折や劣等感を感じることが当たり前なのだ、
という気持ちに陥ります。

パターン3
「無いものねだり」


誰しも、人生の中で様々な経験をしています。
その経験に、良し悪しはありません。

自分に自信が持てない人は、
過去の経験で得ていることに目を向けようとせず、
今自分が持っていないことばかりを気にします。

「私にはあんなスキルや経験がない」

「あの人には生まれつきの才能があるが、自分にはない」

いつもこんな考えに陥っています。


前章の「評価」の話にちょっと戻りますが、

自信を持てない人の中には、
絶対評価だけでなく、
相対評価をすることもあるでしょう。

ただ、
そういう方が「相対評価」をする場合、
かならず比べる相手は、

「自分より実力が上の者」

他人と比較する主な目的が、
「自分に足りないものを探すこと」
だからです。


また、
自分に自信が持てない人は基本的に控えめな方が多いので、
他人よりも優れている部分を見つけるという行為を

「性格悪い」
「卑しい」

そんな風に思ってしまうことがあります。


何事にも、
謙虚さをもって取り組むことは必要ですが、
そればかりが勝ってしまうと、
コンプレックスだけがどんどん膨らみます。

自信をつけるためのマインド3つ

これまで、
自分に自信が持てない人が陥りやすい思考パターンをいくつか紹介してきました。

ここからは、
そんな人がどのようにして少しでも自分に自信を芽生えさせることができるか、
成功マインドをご紹介したいと思います。

その1:自分の欠点を、瞬時に魅力に置き換え!


普段仕事をしたり、
あらゆる人とコミュニケーションをとるなかで、

「あ、私ってダメだな」

と、思うことがあったとします。

そんな時、
すぐさまこれを発動させてください。
  
その名も、
瞬間魅力転換脳‼‼
↑勝手に命名w
  

「私って飽きっぽいなぁ」
⇒「切り替え早い!新しいこと発見するのが得意なんだなぁ!」

「集中力がないなぁ」
⇒「情報キャッチするアンテナ、いつも張ってるもんなぁ!」

「(ライブ、プレゼンで)すぐ緊張するなぁ」
⇒「ナメてかかってない、いつも真剣にやってる証拠だなぁ!」


こじつけでいいです。
誰かに言うわけじゃないので!

脳がちょっとでも自分を責め始めたら、
すぐ発動させてください!

発動時間は短ければ短いほどいい。
レッツマウンティング‼

最初は、よけいな感情が邪魔をして、
すぐに切り替えられない可能性がありますが、
これは意識して、訓練だと思ってやってください。

これに慣れると、
過剰なプレッシャーを与えようとする心に、
自分でストップをかけることができます。


それで解決するのか・・・?
と思われるかもしれませんが、いいんです。

解決しなくていい。

というか、解決しているんです!


とっさに思ってしまう自己否定、
これはだいたい取り越し苦労
だと思ってください。


本当に自分が改善すべきことは、
「とっさに気づく」ではなく、
「確かな経験と反省によって気づく」
ものだからです。

その2:現状をまずは肯定しよう!

これは私のエピソードですが・・・

私は人前で歌うことが好きで、
平日夜にライブハウスや音楽バーに行って、
セッションなどで遊ぶようになりました。

実はライブハウスの中には、
その日ふらっと遊びにきたお客さんを、
気軽にステージに上がらせてくれるお店、
というのが結構あるんですね。

こちらの記事参照「オープンマイクのススメ~初心者でも人前で歌う機会を増やせます~」

一日の大半の時間を仕事に費やしつつ、
早く帰れた夜や、土日を使って音楽に勤しむ毎日


そんな私に、
ある時、友人から、

「仕事もライブも頑張ってて、すごいねー!」

と、声をかけられたのですが、
当時、私が返した言葉は、

「いや、私は仕事も音楽も中途半端で・・・」


「どんだけストイックなの?(笑)」
「仕事も音楽もめいっぱいやって、あと何が足りないの?(笑)」
と友達は笑っていました。


今考えると、
本当に何が不満だったんだろうと思います。

毎日仕事も頑張り、
好きな音楽にもめいっぱい情熱を注ぎ、
毎月たくさんのライブに出て、
人前で歌うという、やりたいことを実現している。

なんて楽しそうな毎日だ!!


「いや、
 私はライブとか出ていないし、
 平凡な毎日を送っているだけで、
 楽しいと思えない・・・。」

そんな方へ。

平凡の中に幸せが必ずありますよね。

毎日仕事に行ってお給料をもらえている。
好きな料理をやれている。
好きなゲームをを思う存分プレイできている。
大好きなカレー屋に週3通えている。
ダイエットが順調に進んでいる。
むしろ好きなだけ食べて好きなだけ寝れている。
家族と穏やかな日々を過ごせている。
好きな人がいる!


そういう毎日を、
まずは「楽しい」と思うこと。
まずは現状を肯定すること。
それで充分です。

しっかり肯定してから、
初めて、
「どうしたらもっと楽しくなるだろう」
と、次のレベルを考えましょう。
初めて「モノ足りないもの」を探すのです。

こうすれば、
ネガティブ思考に陥らずに、
着実に、現状をよい方向へ転がしていくことができます。

その3:とにかく自分を褒めて、褒めまくれ!

これはよく、
自己啓発本などで書かれていることです。

世の中のいわゆる成功者は決して自己否定しないそう。

その代わり、
「小さな成功体験を大げさに喜ぶ」
そうです。

ヘンなはなし、
他人からみたら大したことないかもしれないことでも、
「俺できちゃった、すげえ!!」
と、褒める。

そして、
その勢いで他人にもアピールする。


ここでも大切なのが、
クオリティを客観視し過ぎないこと。

繰り返しになりますが、
この世の中、
自分よりレベルの高い人は
探そうとすればいくらでもいます。

ちなみに、
成功者はそれも分かっています。

分かったうえで、、
やってみた自分、できちゃった自分
を褒めるのです。


階段を10段上がれた人に憧れて、
自分も階段を昇ってみたいと思ったAさんとBさん。

まず、Aさんが来ます。

階段の前に立ちます。

1段、昇ります
「果たして昇れるだろうか」
2段、昇ります
「もう後に戻れない、大丈夫かな」
3段、昇ります
「ここからが正念場だ。」
4段・・・、
「辛い・・・やれるか・・・」
5段・・・、
「まだあと半分もある・・・自分にはやっぱり実力がないかも・・・」

次に、Bさんが来ます。

階段の前に立ちます。
「こうして階段下までやってきた俺の勇気すごい!」
1段、昇ります
「よし、まずは一歩を踏み出せた俺すごい!!」
2段、昇ります
「引き返せずにもう1段上がれた、俺すごい!!!」
3段、昇ります
「序盤やりきったぜ、俺すごい!!!!」
4段・・・、
「正直キツいが乗り切った俺まじですごい!!!!!」
5段・・・、
「キツイ道のりを半分達成できた俺、ホントにマジですごいっ、すごすぎるーーーー!」



Aさんも、Bさんも、
実はやり遂げた行為は同じです。


お互いに「5段」
見事に昇りきったのですが・・・


自分に自信が持てずに挫折しそうなAさんと、
どんどん自分に自信がついてきたBさん。

あなたはどちらかとこれからパートナーを組んで仕事をすることになったら、
どちらを選びますか?


…まぁ、性格的な好き嫌いもあるかもしれませんが(笑)
(Bさんをちょっとパーリーピーポー風にしてしまったので 笑)


でも少なくとも、
「私には実力がないかも…」
と思っている人に、
仕事を頼みたくないですよね。


自分を褒め、鼓舞し、自信をつける。
この行為には、周りへ波及効果もあるんです。

まずは自信が持てない自分も愛してみたら?(=゚ω゚)

今回は、
「自分に自信をつけるための成功マインド」
についてまとめてみました。

最後に告白しますが・・・
私もまだ実践している途中。


でも、
これを意識してから、
「ああ、自分はまだまだだなぁ」
と思ってしまう回数は激減しました。

大丈夫です。
誰でも、自分を好きになることはできます!


最初の最初は、
「自分に自信が持てない自分」も肯定してみたらどうでしょう?

瞬間魅力転換脳、発動です!


「奥ゆかしいよね」
「謙虚さがあるっていいよね」

などなど・・・。

まずはここから!


今日から、是非やってみてください。

  




  

↓↓わたなべまき ライブスケジュールはこちら↓↓


↓↓わたなべまきLINE@登録はこちら↓↓
友だち追加
ライブ情報などタイムリーにお届け(*’▽’)


↓↓ボイトレもやってます↓↓