SNSフォローボタン

ボイトレ:歌う時の口の開け方!大きく「あーん」はNG?イラスト解説付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは!

先日、歯のクリーニングをしに、歯医者に行きました。

歯医者に行くといつも・・・
「お口開けてくださーーい」

って言われますよね。

最初の数分は頑張って「あーん」するのですけど、ずっと開けてるのだんだん辛くなってきませんか…?

そのうちだんだん口を開けている感覚がマヒしてきて、気がつくと、さほど口が開いてなかったりして…

「すみません、もうちょっと開けてくださーい^^;」

なんて、歯科衛生士さんに何度も言われたりして… 汗

ボイトレやっているんだから、お口開けるのは得意でしょう?

なんて思われるかもしれませんが、

ズバリ、歯医者での口の開け方と、歌う時の口の開け方って、全然違うんですよ~~~。

ということで、今回は・・・

  

歌う時の口の開け方について

私が思う、歌を歌うときの正しいお口の開け方について、書いてみたいと思います。

早速、歯医者バージョンからみていきましょう。

歯医者で「お口開けてくださーい」と言われたら


じゃん。

こんな感じでしょうか。


「あーん♥」と、ハートがついているのは、あの結婚式の定番のファーストバイトっぽいからですね。

お玉サイズのスプーンで新婦が新郎の口にケーキをねじ込む、アレです。

とにかく、お口の間口を大きく開けないといけません

だって、ケーキが入らないし(*_*;
歯医者でも、大きく開けないと、お口の中が見えませんよね。

  

ボイトレで「お口開けてくださーい」と言われたら



じゃじゃん!! こうなります。

上とは明らかに違いますよね。

■そんなに口(間口)を開かなくてもよい■

絵をみると、間口がそんなに開いていません。 

その分、口の内部、奥に空間ができてます。
そう、間口よりも重要なのは「口の内の空間」です。 
「喉を開ける」とか言います。
(でも私はあまりこの表現が好きではありません…喉を開けるって…どこ開けるの!?ってなるのでw)


■顎全体を上下に開くイメージ■

顎にも、上下がありますね。
上あご、下あご。
上の歯を支えてるのが上あご、下の歯を支えてるのが下あごです。

そのふたつを、なるべく平行に上下に開くイメージです。 

下あごだけ下げるのではなく、上あごを上げることも意識します。


また、口だけ開けるのではなく、「顎の付け根」から開きます。 

「顎の付け根」は、耳の下あたりにあります。
耳の下あたりを触りながら、顎をあけたり閉じたりすると、顎の動きがよくわかりますよ。

■でも、顎には力を入れないで!■


別にそこにケーキをねじ込むわけではありません。

顎が痛くなるほど開く必要は全くありません。
ふわっと開いたら、リラックス~~~~♪ 」 

かくゆう私も顎に力が入りやすいのです、とくに下あご。

下あごに力が入りますとね、
よくないことが・・・

「猪木」になります(*’ω’*)

あー、これは、なかなか文章ではお伝えできないのですが、マジで「猪木」になります。笑
試しに、下顎にガチガチに力を入れて

「元気ですかーーっ!」

と言ってみてほしいです。

・・・ね、猪木でしょ?

そのあと、顎は開いたまま、猪木にならないようにリラックスして、
「元気ですか?」

と言ってみると、違いが分かりやすいかもしれません! 

是非試してみてくださいませ♪
(*´ω`*)

  




  

↓↓わたなべまき ライブスケジュールはこちら↓↓



↓↓わたなべまきLINE@登録はこちら↓↓
友だち追加
ライブ情報や先行予約のご案内!
今なら新規登録者さまにオリジナル曲の演奏動画をプレゼントしています♪
フォローお気軽に!(*´∀`)ノシ


↓↓ボイトレもやってます↓↓